道で向こうから歩いてきた人と同じ方向に避けてフェイントの掛け合いになるのを防ぐ方法


道の向こうから歩いてきた人と同じ方向に避けてフェイントの掛け合いみたいになったことは、誰でも経験があると思います。少し気まずいですよね。あの現象は連続回避本能と呼ぶそうです。今回はあれを防ぐ方法を紹介します。

方法は簡単です。視線を下に落として、ゆっくり歩けばいいのです。下を向くことで自分が避ける意思のないことを相手に知らせます。そして相手側に避けてもらえばいいのです。お互い避け合うからあの現象が起きてしまうのです。私は、この方法を使うようになってから、一度もぶつかりそうになったり、フェイントの掛け合いになったことはありません。ただ、横柄な感じにならないように注意しましょう。「どうぞ避けてください」という気持ちを持つようにしましょう。

スポンサードリンク