一人暮らしで食材を買う時に気をつけるべきこと


一人暮らしの自炊では、食材を使い切るペースが遅くなるため、うっかりしていると、食材を悪くさせたり、腐らせてしまうことがあります。痛みやすい食材を買う時には、量に注意しなければなりません。大抵、長ネギ1本より3本セットのほうが1本辺りの値段は安くなります。お得な方を買いたくなりますが、後で「早く使い切らなきゃ!」と焦ったり、シナシナになったものを食べたくなければ、量を第一に考えることを勧めます。

一人暮らしの場合に、気をつけるべき食材の買う量

  • 長ネギ 1本
  • キャベツ1/2個
  • 大根1/2本

私が野菜を買う時に気をつけているのは、これくらいです。じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、トマトなどは、その日に必要な分しか買わないようにしています。玉ねぎは、腐ると茶色の臭い汁が出てくるので注意してください。以前、玉ねぎを腐らせてしまい、棚の下が汚れて大変な目に遭いました。

さいごに

自炊のメリットは、節約の他に、わざわざ店まで足を運ばなくても、好きなものを食べられるという点があります。冷蔵庫の中のことを考えずに、その時に食べたいものを食べるために、痛みやすい食材のストックは作らないようにしたいですね。

スポンサードリンク

関連記事