風呂に入らずに寝てしまう習慣を改善する方法


仕事を終えて家に帰ってきたら、ネットやゲーム、映画鑑賞など、やりたいことをすぐにやりたくなるものです。そして、ぶっ通しで眠くなるまで続け、風呂に入らずそのまま寝てしまうなんてこともあるかもしれません。私にもそんな日が続くことがありました。そして、翌朝、少ない時間の中、慌ただしくシャワーを浴びて出勤することになります。

風呂に入らずに寝てしまうことのデメリット

風呂に入らずに寝ることは、肌によくありませんし、寝具も汚れてしまいます。髪にスタイリング剤がついたまま寝てしまうのも、頭皮に良くありません。ハゲる原因となるでしょう。翌朝、時間に余裕がなくなるのも良くありません。そんな悪い習慣を改善するには、どうすればよいでしょうか。

改善方法

改善方法はシンプルです。帰ってきたらすぐに風呂に入ってしまうことです。何か好きなことを始めてしまうと、中断して別のことをしにくいものです。何か始める前に風呂に入ってしまいましょう。風呂上がりでスッキリした状態で好きなことをやるのも、気持ちが良いものですよ。

さいごに

私は、風呂歯磨きは早めに済ませるようにしています。眠たくなった時にすぐベッドで眠れる状態にしておくのはおすすめです。

スポンサードリンク