ChromeやFirefoxなどの異なるブラウザ間でブックマークを同期させる方法



ChromeやFirefoxなど複数のブラウザを使い分けることのある方もいると思いますが、異なるブラウザ間でもブックマーク(お気に入り)は同期させておきたいものです。 Xmarksというウェブサービスを利用することでそれが可能になります。

http://www.xmarks.com/

インストール・設定手順

まず、メインブラウザ(ここではChrome)でXmarksへアクセスし、”INSTALL NOW”をクリックし、拡張またはアドオンをインストールします。 Xmarksの登録が必要になるので、メールアドレスとパスワードを入力し登録します。 Syncronizeさせ、Chromeのブックマークをサーバ上に取り込みます。

次に、サブブラウザ(ここではFirefox)でXmarksへアクセスし、同じように拡張またはアドオンをインストールします。 先程登録したメールアドレスとパスワードでログインします。 サーバ上のブックマークと、コンピュータ内のブックマーク(そのブラウザのブックマーク)をどう扱うか聞かれるので、希望に合うものを選択します。 xmarks_ff 今回はFirefoxのブックマークを消して、サーバ上にあるブックマーク(Chromeから取り込んだブックマーク)を取り込みました。サブブラウザのブックマークもいっしょに同期させたい場合は、一番上を選択してください。

これで完了です。Chromeから操作したブックマークもFirefoxから操作したブックマークも自動で同期されます(ある間隔で同期しているため分単位のロスあり)。

最後に

ChromeとFirefoxの他にIEとSafariでも同期させることが可能です。操作を間違えてブックマークを上書きして消してしまわないか心配な場合は、Syncronizeする前にブラウザのブックマークをエクスポートしておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

関連記事