Twitterで気に入ったツイートを保存・管理するなら、お気に入りよりEvernote Web Clipperがオススメ



Twitterのお気に入りは相手に見えるため、使いづらいところがあります。相手がツイートを消した場合、自分のお気に入りからも消えてしまいます。あとから見直したい時のための管理もしにくいです。ツイートの下に並んだアイコンから外部のブックマーキングサービスPocketを使うこともできますが、いちいちTwitterのページにアクセスしなければならず面倒です。Twitterのお気に入りツイートを管理するなら、Chrome拡張機能のEvernote Web Clipperがオススメです。

設定方法

Evernote Web Clipperの使い方を紹介します。Chromeの拡張機能なので、ブラウザはChromeを使用してください。

Evernoteのアカウントを持っていないなら、Evernoteへアクセスし、新規登録します。ベーシックプランだと無料で使えます。ソフトウェアをダウンロードしインストールします。EvernoteはWebアプリケーションとしても使えますが、動きがもっさりしているため、ソフトウェアを使うことをオススメします。

次にChromeにChrome拡張機能Evernote Web Clipperをインストールします。

Twitterで気に入ったツイートがあったら、そのツイートをクリックして、ツイートの下にある詳細をクリックします。

ChromeのURLバーの右にある象のアイコンをクリックします。保存先のノートブックを設定しておくと管理が楽になります。必要に応じて、タグやコメントを入力してください。保存をクリックします。

Evernoteのソフトウェアを起動して、先程保存したツイートが保存されていることを確認します。Evernoteのソフトウェア版は一定間隔で同期しているので、すぐに反映させたい場合は、上にある同期をクリックしてください。

以上です。

スポンサードリンク

関連記事