漫画「三国志」の電子書籍はeBookJapanで買える


最近、ネットで漫画の三国志の話題がよく出て気になるので、読んでみることにしました。私は、漫画はほとんどKindleで買っています。Amazonで検索してみたのですが、三国志のKindle版は出ていないようでした。「漫画 三国志」でググってみると、eBookJapanで電子書籍が売ってました。

三国志 – 漫画(マンガ)・電子書籍ならeBookJapan

全60巻で1巻分の値段が300円です。1巻買うと45ポイントが付いてくるため、実質255円です。

三国志は数年前に小説の1巻を読了しています。とてもおもしろかったのですが、小説を読むのがあまり得意ではなく、2巻以降は未だに未読です。今回、小説で読んだ内容を思い出しながら漫画を読んでみました。

1巻を読んでみた感想

横山光輝さんの漫画は、小学校の図書館に置いてあった記憶があります。失礼ですが、当時から今まで、その絵の古さから敬遠していました。堅苦しそうなイメージがありました。今回、初めて横山光輝さんの漫画を読んでみて、その先入観が払拭されました。原作の三国志が名作というのもありますが、キャラクターも物語もとてもよく描けていて、物語に惹き込まれました。玄徳の誠実さと正義心、黄巾賊の恐ろしさ、母の偉大さ、張飛の凶暴性、関羽の賢さ。キャラクターがさもそこに生きているようです。戦うシーンにも躍動感があります。

さいごに

やはり、私は小説より漫画の方が読みやすいです。まずは、小説の1巻で読んだところまで漫画を読み進めたいと思います。