[3ds Max] 面取りや押し出しなどの値を少しずつ増減させる方法: Alt押しながらドラッグ

面取りや押し出しのときなど、数値を直接入力せずに数値の横の矢印を左右へドラッグすることで値を調整できますが、動く幅が大きすぎてうまく設定できないことがあります。

そんなときはAltを押しながらドラッグすると、少しずつ値を増減させることができます。逆に大きく値を動かしたい場合は、Ctrlを押しながらドラッグします。

lwoファイルを3ds Maxにインポート(読み込み)する方法

LightWaveのファイル形式であるlwoファイルを3ds Maxにインポートする方法を紹介します。3ds maxのプラグインを使う方法だと、プラグインが最新版に対応していないことが多いので、ここではBlenderを経由した方法を紹介します。これなら3ds max の最新版を使っていても問題ありません。

“lwoファイルを3ds Maxにインポート(読み込み)する方法”の続きを読む

[Blender] Freestyleで奥にいくに従って輪郭線を細くする方法

遠近感を表現する手法に、近くのものを太く描き、遠くのものを細く描く方法があります。Blenderには「Freestyle」という、オブジェクトに輪郭線を付加する機能が標準で付いていますが、これでこの遠近感の表現を簡単に描写することができます。

“[Blender] Freestyleで奥にいくに従って輪郭線を細くする方法”の続きを読む

[3ds Max] オブジェクトをパスに沿って変形させる方法

  1. モディファイヤ>「パス変形」または「パス変形(WSM)」を選択
  2. 「パスを選択」で沿わせたいパスを選択
  3. パス変形軸をXYZから選択
  4. 必要に応じて、各パラメータを調整

「パス変形」はパスの位置でオブジェクトを変形します。「パス変形(WSM)」はオブジェクトの位置を変えずにその位置で変形します。
当然のことですが、オブジェクトのエッジが分割されていないとうまく変形されません。

参考

関連記事

[3ds Max]パスに沿ってオブジェクトを配置する方法

  1. 配置させたいオブジェクトを選択
  2. ツールバーの「拡張」ボタン長押しで「間隔ツール」を選択(拡張ボタンがない場合は、ツールバーを右クリックして「拡張」ボタンを表示させる)
  3. 「パスを選択」でオブジェクトを沿わせたいパスを選択
  4. 数や間隔などのパラメータを調整
  5. 適用

参考

関連記事