[Blender] Freestyleで奥にいくに従って輪郭線を細くする方法


遠近感を表現する手法に、近くのものを太く描き、遠くのものを細く描く方法があります。Blenderには「Freestyle」という、オブジェクトに輪郭線を付加する機能が標準で付いていますが、これでこの遠近感の表現を簡単に描写することができます。

設定方法

  1. レンダーパネルで「Freestyle」にチェック。
  2. レンダーレイヤーパネル>Freestyle>Freestyle レイヤースタイル>厚さ>モディファイアー:追加>カメラからの距離
  3. マッピングタイプ:リニア
  4. 「反転」にチェック。
  5. 3Dビューで適当にカメラに映り込むオブジェクトを複数選択
  6. 「選択から範囲設定」をクリック。すると選択されたオブジェクトから最小範囲、最大範囲のパラメータに自動的に数値が入力される。
  7. F12でレンダリング結果を見ながら最小値、最大値、最小範囲、最大範囲を調整。

スポンサードリンク